2012年03月07日

戦う戦士ガンダム

流れでガンダムの臨時パイロットに選ばれてしまう。
時々襲い掛かるジオン軍を追い払うことがガンダムに任された仕事である。

ここがガンダムの面白いところで、アムロはガンダムに乗って戦うことがイヤになる
よくある漫画のストーリーでは、主人公は意気揚々と戦いに繰り出し声を張り上げ敵をなぎ倒している。
しかし、ことアムロに関しては、出撃命令に対し不満な態度を示す。周りからもお願いされてからやっと「いけばいいんでしょ!」といった感じでの出撃するようになる。

なぜ、アムロはこのような態度なのかというと、ガンダムは非常に命の重み、リアリティーを大切にしている漫画だからである。
戦うということは、敵味方問わずどちらにも命の危険が関わってくるということ。
そんな物語だからこそ、敵から逃げ切れたときの感動も一味違うのだろう・・・


posted by シェア・マズナブル at 22:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

主人公、アムロレイ

ガンダムを語るにあたって、避けて通れない存在がいる

アムロ・レイである。
登場当初の彼はちょっぴり赤色を帯びた髪に童顔で身長もそこまで高くない至って普通の人間である。
しかし、平穏に暮らすアムロたちのコロニーが襲撃され、逃げ惑っているところに、
白いモビルスーツ、ああそうさ、ガンダムを見つけてしまったのだ。
このガンダム何を隠そう、アムロの父親が世間に内密に研究開発したものであった。

しかしそこにガンダムがあっても操縦担当の人間がなんかの事情でいない。
アムロはみんなを守るため、ガンダムに乗り込んだ・・・・つづく


posted by シェア・マズナブル at 14:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

ガンダムとは

誰もが子供のころ、ロボットに乗り正義の名の下に悪の邪心と戦い
ヒロイン(好きな女の子)を助けることを夢焦がれてきたのではないだろうか。

ガンダムとは、男の、日本男児の夢である。

私は、おおすじの話しか知らないが、このガンダムについて語るブログを立ち上げた。
否!立ち上げざるを得なかったと言うべきか。

それはまるで、アムロがガンダムに乗るべくして乗ったことのように・・・つづく


まんがを探すひとへ
posted by シェア・マズナブル at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。